BIOGRAPHY

dancer & choreographer

迷彩トモヤ | MEISAI TOMOYA

ダンサー、振付師。
東京出身。

「パフォーマンスチーム迷彩」主宰。
2000年代初頭より活動を開始。
2004年に横浜アリーナで開催された石野卓球主催の屋内最大テクノレイヴWIREへ迷彩として出演したことを皮切りに、日本のテクノシーンにおけるダンスパフォーマンスのパイオニアとして数々のフェスやイベントに出演。 ヨーロッパを中心に海外での公演も多数。

無機質な質感と、直線的でスピード感溢れるパフォーマンススタイルは『体から音を生み出す』ことをモットーとし、「音の質感」を身体というフィルターを通して視覚化する。

振付師として、電気グルーヴのピエール瀧をはじめ、[Alexandros]、ゲスの極み乙女。、Superfly、ねごとなど、様々なアーティストの振付・演出を行う。

また、プロジェクションライブチーム「*Asterisk(アスタリスク)」を結成し、国内外のファッションイベントやフェスなどに出演するなど、メディアを問わずさらなるエンターテイメントの追求を進めている。